4K対応 手術室内光IPコントロールシステム

おすすめ

光配線によりノイズを遮断  接続状態などの遠隔モニタリング・トラブル対応も可能

4Kに対応した次世代のインテリジェント手術室構築をサポート。優れたoptic Fiberケーブルを採用した当システムでは、HDシステムでもご使用いただけます。
この先、確実に訪れるであろう各種医療機器の4K化に対しても、エンコーダー/デコーダーを変更するだけでアップグレードが可能ですのでコストを抑えてご対応いただくことができます。

解決課題

  • 4K映像に対応した次世代の手術室をつくりたい
  • 高画質の手術映像を遅延なく配信したい
  • 煩雑な操作は避けシンプルなオペレーションで運用したい

特長

高画質をほぼ遅延ゼロで

広帯域10Gbpsの光IP Networkを使用したノイズフリーシステム。非圧縮のまま、遅延ほぼ「0」で伝送します。

高画質をほぼ遅延ゼロで

タッチパネルでかんたん操作

タッチパネルによるシステムコントローラーを採用し、どなたにも「見やすい」 「わかりやすい」操作を実現しました。
映像システムのコントロールはもちろんカメラやレコーダーといった周辺機器のコントロールにも対応します。

タッチパネルでかんたん操作

可変的なモニタ出力

2画面分割表示に標準対応し、オプションで4画面分割表示にも対応します。
また入力/出力チャンネルエンコーダー、デコーダーを追加する事が可能です。使用状況に合わせて、複数画面を1台のモニターに表示します。

可変的なモニタ出力

医療用に特化した安全性

エンコード、デコード用の専用アダプターは医療規格IEC60601-1に対応しています。
専用ソフトウェアにより、システムの遠隔モニタリング、リアップグレード、トラブルシューティングが可能です。
手術室のダウンタイムを大幅に低減することができます。また手術室間の映像連携や病理と接続しての情報共有ができ、医局や講堂等と接続し、Liveカンファレンスにもご活用いただけます。

医療用に特化した安全性

システム構成図

システム構成図

その他関連商品

市場から探す

ステータスから探す

ショールームのご紹介