院内監視映像システム

おすすめ

院内で扱う映像情報を一元管理 映像切替やレイアウト選択もタッチパネルで簡単操作

監視カメラを活用した病院内の映像ソリューションです。手術室内やICU、NICU、救急、内視鏡センター等の情報共有に活用できます。
また、生体情報モニターの画面を同一のシステムで表示したり、手術室においては、 術野カメラや内視鏡、顕微鏡といった医療機器からの出力映像を録画・表示することで、 医療安全対策として使用可能です。

解決課題

  • 手術室やICU、NICU 等における術野・術場・生体情報モニター映像を一元管理したい
  • 映像の選択やカメラ、記録操作を直感的に行いたい
  • 煩雑な操作は避けシンプルなオペレーションで運用したい

特長

タッチパネルを使用した簡単操作

手術室やICU、NICU 等における術野・術場・生体情報モニター映像の管理と表示切替をタッチパネルで簡単に操作でき、ワンマンオペレーションを実現します。
1台のタッチパネルで同時に2台のクライアントをコントロール。ディスプレイやクライアントPC の電源管理も可能です。

タッチパネルを使用した簡単操作

表示レイアウトを自由に変更可能

表示用ディスプレイは1 画面あたり最大30 画面のマルチ表示に対応。
自由にレイアウトを組んだり、プリセットを複数登録することができ、単画面・マルチ画面のシーケンシャル表示も可能です。

表示レイアウトを自由に変更可能

オプションでタブレットPCによる4画面マルチ表示の無線視聴に対応

タブレットPCによる4画面マルチ表示の無線視聴に対応。手元で操作・視聴が可能です。

システム構成図

システム構成図

ラインアップ

院内監視映像システムラインアップ

その他関連商品

市場から探す

ステータスから探す

ショールームのご紹介