術野・術場映像システム トータルコーディネート

おすすめ

施工実績多数!システム構築から運用サポートまでトータルにご提案

手術室内の映像は、術野・術場映像、バイタル、エコーと様々です。当社では長年培ってきた技術とノウハウを生かし、撮影から映像編集・管理・配信までをトータルでご提案致します。

解決課題

  • 手術映像を放送品質で記録、編集、アーカイブしたい
  • 高品質での手術ライブ映像配信を実現したい
  • 高画質の手術映像を遅延なく配信したい

特長

術場・術野撮影

医療施設向け術野カメラとは、手術における手術部位の視野を撮影する医療専用カメラです。撮影された映像は、学術発表や医師の教育の場で活用され、医療技術の向上に寄与しています。また手術室全体を映し出す術場カメラは、スタッフステーションやカンファレンスルームへ配信され、リアルタイムに情報共有する事が可能です。

術場・術野撮影

映像編集

学会発表用の映像加工ツールなど、より伝えやすい資料作りのご提案と共に、充実したサポートプランをご提案致します。弊社では長年、放送局・ポストプロダクションなどのお客様へ映像制作ソリューションをご提案しております。豊富な実績とノウハウで最適な編集システムをご提案致します。

映像編集

映像管理

メタ情報を自由に設定し、診療科別、患者ID別など映像ファイルの統合管理を可能とするアプリケーションです。ネットワーク回線を使用したデジタルデータの伝送により、従来の記録メディアの交換・補充作業や、収録後の管理・整理等の煩雑な運用業務の負担を解消します。
記録映像は、患者や家族への説明、院内カンファレンスや学会発表などの資料作成として活用できるだけでなく、医療安全対策のための長期保管に備えることができます。※取扱いメーカー:カリーナシステム ADMENIC

映像管理

映像配信

手術で撮影した術野・術野カメラシステムでさえ撮影iPadでの術場映像閲覧や、フルハイビジョン術野映像の医局への配信による診療科を超えた医療連携を可能にします。

映像配信

その他関連商品

市場から探す

ステータスから探す

ショールームのご紹介