1. 映像・音響・情報通信機器のレスターコミュニケーションズ
  2. 納入事例
  3. 展示会レポート
  4. 第31回 NEW環境展2022レポート

第31回 NEW環境展2022レポート

2022年5月25日(水)~27日(金)の3日間、第31回NEW環境展2022に出展いたしました。
当日は多くのお客様に弊社ブースにお立ち寄りいただき盛況の内に終了することができました。誠にありがとうございました。ブースでは、地球温暖化防止の観点から、温室効果ガス排出削減等にお役立ていただけるアイテムやソリューションをご紹介しました。当日のブースへの出展内容を写真とともに報告させていただきますので、ぜひご覧ください。

ブース全体の様子

展示コーナーの紹介

①INNOVA光音響ガスモニタ(Advanced Energy社)

光音響ガスモニタは、光音響分光法(PAS)の先駆者であるAdvanced Energy(Lumasense/INNOVA)社の技術に基づき設計されています。 光学分光フィルタを複数装着できるフィルタ回転盤が装備され、同時に5種類のガスをリアルタイムに測定することができます。 INNOVAを使用した大気汚染防止法対策向け用法をご紹介いたしました。

②ガス濃度アナライザー(ABB- Los Gatos Research社)

ABB社のポータブルガス濃度アナライザーは独自のOA-ICOS法という技術で小型かつ高精度に温室効果ガスを測定致します。 小型かつリアルタイム測定ができるため変化の激しい測定やフィールドでの使用にも適しています。
今回は農業由来の地球温暖化ガスの測定用途についてご紹介し、多くの方にご関心をいただきました。

③廃水プラント用亜酸化窒素(N2O)測定システム(Unisense Environment社)

曝気槽で発生する溶存N2Oガスを連続測定するシステムです。 地球温暖化係数がCO2の300倍以上と言われるN2Oの発生を抑えるための取り組みとして環境先進国デンマークの測定事例をご紹介いたしました。 液中のN2Oを直接測定できる機器が少ないことから非常に高いご関心をいただきました。

 

製品についてのお問い合わせ

製品のデモやご購入についてのご質問・ご相談は、下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
後ほど担当者よりご連絡差し上げます。

製品ページ・関連ソリューション


計測機器


電子計測器のご紹介から測定技術、利用技術、システム技術・設計のノウハウ、お客様のニーズに適したアプリケーションをご提供します。さらに修理や計測校正サービスなどお客様の研究・開発から販売に至るあらゆる段階においてサポートします。

Advanced Energy


Advanced Energy(Lumasense/INNOVA)

Advanced Energy(Lumasense/INNOVA)は、ガス分析器および温熱環境計測器を専門に開発・製造・販売する会社です。ガスおよび温熱環境の計測分野においてこれらの機器のユニークさとその有効性が注目されています。


コントローラ(廃水プラント用亜酸化窒素(N2O)測定システム)

廃水中の溶存亜酸化窒素(N2O)を直接、リアルタイムに測定する唯一の溶存亜酸化窒素(N2O)センサーを搭載したシステムです。曝気量の入力により、溶存亜酸化窒素(N2O)濃度から亜酸化窒素(N2O)ガス排出量を算出する機能搭載しています。

 
展示ルームのご紹介
WEBからのお問い合わせはこちらから