1. 映像・音響・情報通信機器のレスターコミュニケーションズ
  2. 納入事例
  3. 展示会レポート
  4. 九州放送機器展2022 レポート

九州放送機器展2022 レポート

2022年7月21日(木)~22日(金)の2日間、福岡国際センターにて「九州放送機器展2022」に出展しました。
当社はタックシステム株式会社をグループ会社として迎え合同出展を実施。多くのお客様にお越しいただき盛況の内に終了することができました。
誠にありがとうございました。当日の出展内容を写真とともに報告させていただきますので、ぜひご覧ください。

展示会の様子

① Avidソリューション/輸入商材ソリューション(タックシステム)

リモート編集が可能なAvid NEXIS | EDGEは、多くのお客様にご好評いただきました。
その他にもオーディオ関連のAvid S1 や Avid Proも展示し、映像と音響を一緒にご紹介しました。
また、DirectOut TechnologiesやDecimator Design、ADDER、yellowtecといった輸入商材も展示しました。

②Mistikaソリューション/Quantumソリューション

4月にリリースされた最新バージョンのMistika10.5を展示しました。
SGO開発のMistikaWorkflowsでは、実際の仕様をご体験いただきました。
また、高性能ストレージアプライアンスのQuantum H4000も展示しました。

③STAGETEC(タックシステム)

タックシステムオリジナル製品のSTAGETECをご紹介しました。
放送および劇場向け、高品質のオーディオ信号処理が可能なコンソールシステムです。

STAGETEC|詳細はこちら(タックシステムHP)

 

④文字放送 DaAlps TxBC

弊社のオリジナル製品、DaAlps TxBCをお披露目。
パワーポイントファイルを使用した文字放送システムをご紹介しました。

 

製品についてのお問い合わせ

製品のデモやご購入についてのご質問・ご相談は、下記のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
後ほど担当者よりご連絡差し上げます。

 

製品ページ・関連ソリューション


4K/8K ハイエンド編集システム

HD/4K/8K、各種コントロールパネルなどご要望に合わせたシステムをご提案いたします。


HD/4K ノンリニア編集システム

HD、Ultra HD、2K、4Kをネイティブ・サポートする映像編集者用に設計された、多様性に富んだ手軽なツールになります。


SAN・NAS共有ストレージシステム

業界最速のストリーミング・ファイル・システムであるStorNextを使用した大規模なSANの構築から、小中規模でのNASの構築まで、ご用途に合わせご提案いたします。


放送・映像向け

撮影・中継・編集・MAなどの制作設備から、コンテンツ管理・アーカイブ・送出・各種配信伝送など、広範囲にわたるシステムインテグレーションをご提供いたします。

展示ルームのご紹介
WEBからのお問い合わせはこちらから