1. 映像・音響・情報通信機器のレスターコミュニケーションズ
  2. 納入事例
  3. 展示会情報
  4. 日本脳神経外科学会2022

日本脳神経外科学会2022

開催概要

会期 第31回 脳神経外科手術と機器学会(CNTT2022)
第15回 日本整容脳神経外科学会(JSAN2022)
 2022年4月15日(金) 9:00~18:00
 2022年4月16日(土) 9:00~16:00
会場 虎ノ門ヒルズフォーラム ホールA
アクセス:日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅 中目黒方面改札よりB1出口直結、A1出口徒歩約2分
                  北千住方面改札よりA2出口徒歩約2分
     銀座線 虎ノ門駅 B4出口徒歩約2分
HP:https://forum.academyhills.com/toranomon/access/
小間番号 No.34
内容

■誰でも簡単に設置・対応できる、画像劣化抑止装置
~レスターコミュニケーションズ 画像劣化抑止装置~
・汎用性のあるHDMI端子(入出力)に対応

・豊富なハイビジョン信号に対応(720p~1080pまで)
・画質レベルを8段階(0~7まで)任意に設定可能

■裸眼立体視対応 教育・研究用DICOM 画像リアルタイム3DCG 可視化システム
~サイアメント Viewtify(ソフトウェア)~
視線追跡機能を搭載した4K解像度の裸眼⽴体視ディスプレイ、ソニー ELF-SR1に対応し、
DICOM形式のCT画像またはMRI画像から臓器の3DCGを瞬時に生成したうえで、
⽴体的に把握することが可能です。
※本製品は教育または研究用の製品であり、医療機器ではありません。
※診断または治療に用いることは出来ません。

■あなたの想像が目の前に広がる、高精細空間再現ディスプレイ
~ソニー 空間再現ディスプレイ ELF-SR1~
「空間再現ディスプレイ(Spatial Reality Display)」はソニー独自の視線認識技術により、
裸眼のままでもクリアで色鮮やかな立体視体験を実現します。
医療分野では、ViewtifyとPCなどのシステムを組み、医用画像(DICOM形式)を読み込ませることにより、
ELF-SR1にて血管や骨等の3D閲覧が可能となります。
研究目的、教育目的にお役立ていただけます。

DICOM形式のCT画像またはMRI画像を当日USBメモリにてお持ち頂けましたら、
その場でViewtifyによる可視化のデモを行うことが可能です。


※出展商品は変更になる場合があります。

問い合わせ
公式サイト

 

製品ページ・関連ソリューション

CREAST


手術室タッチパネルコントロールシステム<CREAST>

タッチパネルでの簡易オペレーションで術前準備時間の短縮を実現。

医療機関向け


医療機関向けソリューション

術場・術野撮影システムから、医療機器搭載用のモニターやプリンターに至るまで、医療現場で活用される各種映像機器及び映像システムをご提供いたします。


ライフサイエンス事業

デジタルPCR等の遺伝子解析装置からフローサイトメーター等の免疫、細胞解析装置及び試薬消耗品の販売を行っております。また設計士による研究室設計レイアウト支援をご提供いたします。

展示ルームのご紹介
WEBからのお問い合わせはこちらから