メディカルビデオレコーダー UR-4MD(TEAC)

メディカルビデオレコーダー UR-4MD(TEAC)

手術カメラ、内視鏡、超音波装置など各医療機器と連携し、高解像度の静止画・動画が記録できるレコーダーです。内蔵ハードディスク(500GB)搭載でバックアップを確実にするとともに、USBフラッシュメモリー、USBハードディスクに同時記録を行い、他のデバイスでのデータ再生を実現。ネットワーク機能(オプション)も搭載しているので、データ転送も可能です。

特長

わかりやすい操作性

直感的に操作可能なフロントパネルデザインにより、初めて扱う方でも迷いなくワンプッシュで動画・静止画の記録ができます。視認性に優れた高解像度3.5インチ液晶ディスプレイを搭載し、手術中や検査中に録画されている映像を随時確認することが可能です。

接続設定のいらない映像自動認識

映像信号を自動で認識し、読み込んだ映像の解像度(640x480~1920x1080まで)を自動で認識し、画面全体をキャプチャーします。録画が可能な状態に自動で設定されるため、納入直後や製品の移動・置き換えを行っても接続設定をする必要はありません。

フルHDから標準画質まで幅広い解像度で記録可能

多くの解像度の記録に対応。NTSC(標準画質)と言われる640×480の解像度をはじめ、最大で1920×1080のFull HDまでの全ての解像度の映像をそのままのサイズで記録できます。さらに、1920x1200のWUXGA解像度にも対応可能。多くの解像度に対応しながら、自動認識機能を搭載しているため、解像度が変わるたびに設定をし直す必要がありません。

複数のメディアへ同時記録

フロントパネルにUSBメモリー用とUSB外付けハードディスク用のポートが2つ用意され、それぞれに同時に録画が可能。さらに映像データバックアップのための500GB内蔵ハードディスクを搭載。最多で同時に3つのメディアへの録画ができます。

その他関連商品

市場から探す

ステータスから探す

ショールームのご紹介