3D対応4K液晶モニター LMD-X310MT/X550MT(ソニー)

3D対応4K液晶モニター LMD-X310MT/X550MT(ソニー)

4Kの高精細かつ広色域の映像を、細部までクリアに表示し、手術の視認性向上。HD/3D信号を4K解像度のパネルで表示する場合、従来のHD画質の3Dモニターに比べて、最大4倍の解像度が確保できるため、より高精度な3D映像で手術をサポートします。

特長

4Kの高精細・広色域での映像表現

HDのみならず、4Kの高精細な映像で細部までをクリアに表示でき、手術の視認性向上に貢献します。4Kの放送規格であるITU-R BT.2020信号に対応し、従来のハイビジョン映像と比べ色域の表現領域も広がりました。

4KやHDのさまざまな3D信号に対応

4K医療用モニターとして業界に先駆けて3D信号の表示に対応します。HD/3D映像を表示する場合、従来機※1に比べて最大4倍※2の解像度で再現できるため、より高精度な映像で手術をサポートします。 また、3D信号はさまざまな伝送方式に対応し、SDI(3G対応)、DVI、HDMIの各種端子を装備しています。これにより、幅広い3D出力機器と接続することが可能です。

複数の3D映像の表示に対応

3D映像の全画面表示に加えて、複数の表示パターンでの3D映像の表示が可能です。子画面1画面でのピクチャーインピクチャー(PinP)表示時や、執刀医の対面位置に立つ医師に最適な180°回転3D表示にも対応します。また、術野映像を3Dでメインエリアに表示しつつ、参照画像をサブエリアに表示することも可能です。

その他関連商品

市場から探す

ステータスから探す

ショールームのご紹介