講義収録コンテンツ管理・配信ソリューション
「DaAlps for Education」

「DaAlps for Education」は、収録したコンテンツにAIが自動で文字起こしをする、講義収録コンテンツ管理・配信ソリューションです。
テキスト化した字幕を表示するだけでなく、任意の場所にタグ付けして検索ができるので、学生の”今知りたい!!”がすぐ見れます。

新しい学習環境のための「講義収録」 DaAlps for Educationの特徴 DaAlps for Educationの機能・活用

新しい学習環境のための「講義収録」

講義収録が注目されている背景 
~教室での密を避ける工夫、DX促進へ~

講義収録が注目されている背景

講義収録は授業などを収録しておき、ビデオオンデマンドでパソコンやテレビを利用して映像を視聴することができます。システムによっては、学生の所属ごとに視聴できるコンテンツを制限することも可能です。

これまでは、休学した学生への自主学習利用であったり、宿題として配信し、教室で課題解決をおこなう反転授業などに活用されていました。

密を避けるために
需要が大幅にアップ

しかし、2020年より新型コロナウイルスの影響で、小学校から大学までの教育現場では対面での授業が縮小されている傾向があります。

特に大学では講義のオンライン化が多く求められ、オンライン配信ツールや、講義収録の需要が大幅に高まっています

教育界におけるDX(デジタル・トランスフォーメーション)

また、コロナウイルス感染拡大の影響により2020年度は急激にオンライン化が促進されましたが、以降、教育界におけるDX(デジタル・トランスフォーメーション)が進んでおります

教育のグローバル展開も求められているこの時代において教育市場のデジタル対応化は必須となり、それに伴う講義収録の需要が大幅に高まっております

講義収録コンテンツを活用した授業運営

リアルタイムで配信をするオンライン講義と違い、講義収録は事前に講義を収録しておき、スケジュールを自由に調整ができることが最大の特徴です。それによって、学生側、運営側にとっても下記のようなメリットがあります。

講義収録のメリット

学生側

  • いつでも復習できる
  • 当日参加しなくてよい
  • 自分のペースで学習できる
  • 巻戻し見返すことができる

運営側

  • 遠隔地の学生も参加できる
  • 学生の通信環境負担を軽減する
  • 学生の履修状況を把握できる
  • 講義の時間を短縮できる
学生の課題

しかし、講義収録コンテンツの
活用の幅を広げるためには
学生や教員側での課題を解決
していく必要があります。

教員の課題

学生側

  • 学生側の課題

    教員から指定された動画は見るけれど、90分ずっと視聴するのは大変

  • 学生側の課題

    教員の発言が聞き取れない事がある

運営側(学校側)

  • 運営側(学校側)の課題

    せっかく収録したコンテンツ。
    より長く学生に見てもらい、
    有効活用したい

  • 運営側(学校側)の課題

    コンテンツの量が多くなり
    管理が大変

  • 運営側(学校側)の課題

    難聴者学生へのテキスト化が大変

  • 運営側(学校側)の課題

    すぐに配信したいけど、
    収録から配信まで
    編集に時間がかかる

"弊社オリジナル製品"
DaAlps for Education の特徴

DaAlps for Educationなら、
コンテンツ視聴も、コンテンツ管理も使いやすい!

収録コンテンツの音声を
"AI解析"

  • 講義収録コンテンツのキーワード検索
  • 教員音声のテキストデータダウンロード
  • 難聴者の学生向けとしても利用可能

データ管理は"クラウド上"も可能

  • サーバー管理が不要
  • 学内・学外からも視聴することが可能
  • イニシャルコストを抑えた導入が可能

学生の声

学生の方に「DaAlps for Education」を使っていただきましたので、実際に使用してみた感想をご紹介します。

学生の声

  • テキストをみれば、授業の大まかな流れが思い出せる
  • 聞き落としの確認や、小さな疑問を解消できる
  • 授業の理解度が深まり、新たな疑問点が見つかる
  • DaALpsはスマホからも使える
    知りたいところにすぐアクセスできる
  • DaALpsはタブレットからも使える
    検索したワードの場所から再生ができるので便利
  • DaALpsはPCからも使える
    キーワードのタグがあるから検索しやすい

DaAlps for Educationでは
端末を選ばずに視聴できるから
学生もさらに使いやすい!

スマートフォン、タブレット、PC

DaAlps for Educationの機能・活用

ラインナップ紹介

「DaAlps for Education」では、教員にも学生にとって"こんな機能欲しかった!"という便利な機能がございます。

DaAlps for Education, Management(管理側)
  • コンテンツ管理
  • コンテンツ内の音声資料解析
  • タグ登録
  • 視聴解析データ表示
  • 配信サーバーへのアップロード
DaAlps for Education, Client(学生側)
  • タグ情報でコンテンツ検索
  • コンテンツ再生
  • キーワード箇所への自動シンク
  • タグが含まれる箇所への自動シンク

システム概要図(完成イメージ)

DaAlpsシステム図

さらに、関連システムと組み合わせることで
コンテンツの簡易収録や配信もワンストップで実現!

コンテンツの簡易収録と配信管理を組み合わせ!

簡易収録システム

FOMS Rec
+

音声テキスト・タグ情報
メタデータ付与

DaAlps for Education

FOMS Recの講義収録は
タッチパネルでかんたん、3ステップ

FOMS Rec
FOMSタッチパネル画面イメージ

タッチパネル画面イメージ

  • 1カメラの画角を調整
  • 2開始ボタンを押す
  • 3停止ボタンを押す

簡易収録システム「FOMS Rec」と連携させることで、収録データをDaAlps for Educationのサーバーへ自動で送信することができます。

また、「FOMS Rec」は3ステップで簡単・お手軽に講義収録ができ、USBメモリを使用してデータ保存することも可能です。

FOMS RecDaAlps for Education
連携イメージ

FOMSとDaAlpsの連携

自動テロップ入力と映像配信システムを組み合わせ!

コンテンツ管理配信

mediasite
×

音声テキスト付与

DaAlps Closed Caption

DaAlpsの自動テロップ入力機能は、「DaAlps Closed Caption(DaAlpsCC)」として、世界シェアNo.1の映像配信システム「mediasite(メディアサイト)」様とも連携しサービスを提供しています

DaAlps CCの導入事例

DaAlps CCを導入いただいた大学様

●筑波大学様

【導入の目的】

  • 閲覧者の理解度を高める
  • キーワードによる検索をしやすく
  • 最終的には英語字幕を付ける
    (英訳するために日本語字幕が必要)

【納入を決めた主なポイント】

  • 音声解析の品質が優れている
  • 音声認識のための登録・学習が不要なため導入・運用が容易
  • 処理速度が優れている
  • コストパフォーマンスが高い
  • サポート体制が充実している

【納入後の効果】

  • 事前学習の手間はかからず、医学用語などの認識精度も高い
  • 処理速度が速い
  • 複数の講義を並行しながらの処理際も、午前中の講義は当日の午後に解析が終了しており、
    午後の講義も翌朝には解析が終了している

DaAlps for Educationなら
AI解析による自動テロップ入力
講義収録の満足度向上
サポートいたします!