誤作動認識システム

誤作動認識システム
メーカー
レスターコミュニケーションズ
分野・用途
イミュニティ試験 , EMC自動計測ソフトウェア

各種イミュニティ試験の供試品の自動監視に対応。画像認識により誤作動検出を自動化・無人化。

用途・特徴

誤作動認識システムは放射イミュニティ試験IEC 61000-4-3、伝導イミュニティ試験IEC61000-4-6をはじめとした、各種イミュニティ試験の供試品の自動監視に対応しております。弊社イミュニティ試験ソフトウェアに追加することで使用可能で、供試品に対し、あらかじめ設定された条件の誤作動自動検出を行い、EMC試験の完全自動化・無人化により業務効率化を実現します。

メリット

■誤作動の記録を画像で自動的に残すことができます
■検査員が一日中現場に張り付く必要がなくなります

従来のイミュニティ試験〈EMC技術者による誤作動判定〉
・高い集中力を長時間継続させる必要があります
・人の作業に依存する為、判定の抜け漏れのリスクがあります
・この作業だけに長時間の工数を割く必要があります

MS1160 誤作動認識ソフトウェアの導入により・・・
〈誤作動認識ソフトウェアによる判定支援〉
・誤作動認識システムが誤作動を検知するため、高い集中力を長時間継続する必要がなくなります
・手作業から自動化の導入により、判定の抜け漏れのリスクを低減します
・レポートを作成しながらの作業など、並行業務が可能になります

誤作動認識ソフトウェアで出来ること

①カメラを使用し、目視と同じ時間分解能を実現
②一度に最大16ポイントの誤作動検出が可能
③周波数と誤作動内容をリスト化し、情報を記録
④誤作動発生時の画像保存
⑤誤作動発生時・試験完了時、各種デバイスへ通知

特徴

・カメラを使用し目視と同じ時間分解能を実現
・動画・動作の差分、7セグ表示のリミット、LED点滅・照度の周期変化、波形の変化などの検出を行い自動的に判定が可能
・一度に最大16ポイント(Channel)の検出が可能
・誤作動発生時の周波数特定と誤作動内容をリスト化し情報を保持し自動的にレポート化
・誤作動発生時の画像を保存
・誤作動発生時、試験完了時にはPCからメールで報告

主な対応ソフトウェア

・MS-1101 放射電磁界イミュニティ試験ソフトウェア
・MS-1141 伝導イミュニティ試験ソフトウェア
・MS-1147 BCI試験ソフトウェア

カタログダウンロード

環境計測機器
バイオ機器の用途から探す

EMC・アンテナ計測の
用途から探す

オプトエレクトロニクスの
用途から探す

SPEAGの用途から探す

AV計測器の用途から探す